ジェット気流などについて勉強をしていました

ぶりなどについて実践しました。偏西風帯のインサイドのとくに強い西風をジェット気流とよびます。温度の高い赤道僻地と、温度の低い極僻地との間でぶりが吹く。こういうぶりは、気迫を低緯度から高緯度に運びます。3月の空模様衛星から見たエアの動きは、低気圧のうず巻きが北半球と南半球で反対になっています。海陸ぶりは、海岸で来る昼と夕刻で風向が反対になるぶりだ。海風と陸風があります。風の道のりの変わる朝晩は一斉無風となります(早朝なぎ、夕なぎ)。山谷ぶりは、山間部で起こります。谷風と山風があります。晴れたお日様の日中に山頂に要する雲は谷風によります。次は、風力についてだ。風力2は面持ちにぶりを受け取る風見が動き、木の葉がそよぎます。トレンドがしらは、順調でくだけません。風力6は、大枝が実行電線が鳴り渡る嵩はさしがたいだ。渦動があらわれ、白くあわ立ちます。風力8は小枝が折れ、風に向かって歩けません。随分良い渦動で風下の筋があわ立ちます。風力11は幅広い地区の毀損がありますが、そんなにおこりません。トレンドは山のように激しく、あわでおおわれた渦動だ。知らないことを知れて良かったです。http://nycfringeguide.com/

ジェット気流などについて勉強をしていました